進化する分析技術|たくさん頂く名刺は名刺管理ソフトで管理しよう
男性女性

たくさん頂く名刺は名刺管理ソフトで管理しよう

進化する分析技術

システム

工数をかけずに分析

マーケティングの精度を向上させるためには、データ量が多いことが第一条件となります。好きうないサンプル数では、適切なデータ解析を行う事ができず。結果がぶれてしまう可能性があるのです。しかしサンプル数が多いと、それを分析するのに多大な工数がかかります。結果が出力されるまで、時間が要する為、ほしいデータを入手するまでの時間も確保しなければなりません。スピード化社会の変化に適応することが難しくなっているのです。マーケティングの基本は、顧客からの生の声です。コールセンターでは、集中してこの声を集約することができます。CRMシステムなど最近のコールセンターでは、オートメーション化されたマーケティングを使用している事例になるのです。

分析結果はすぐに連携

コールセンターの事例では、マーケティングオートメーションが実用化されています。CRMシステムと呼ばれるコールセンターのシステムは、問い合わせ内容を一元管理することができます。このデータベースを用いてどのような問い合わせが多く、要望が多いのかを分析します。人の手を介するわけではなくすべてオートメーションにて行われます。そして瞬時に該当部署に連携されるようになります。声が多い内容に関しては、改善活動されます。このような事例では、顧客ニーズを的確にオートメーションでとらえるとともに、顧客に商品やサービスとしてフィードバックされるのです。コールセンター以外にも利用事例はあります。顧客ニーズは、刻々と変化しており、のちにまとめて分析していたのでは遅いのです。